無料読み切り漫画ヒューマンドラマ【読み切り】感動・泣ける【読み切り】学園【読み切り】

笑って泣ける青春学園ラジオ物語『木曜日のラジオスター』【おすすめ無料読み切り漫画】

木曜日のラジオスター

学校の昼休みの時にだけ流れる校内放送。

それが、毎週木曜日だけは「世界で一番下手くそなラジオが流れる」日。

今回ご紹介する無料で読める読み切り漫画は、学校内での校内放送を巡る青春のラジオ放送物語『木曜日のラジオスター』。

僕、普段からラジオ好きでよく聞くので、なんか妙に感情移入してしまってラストでは泣けました。

『木曜日のラジオスター』は一言でどんな漫画?

笑って泣ける青春学園ラジオ放送物語。

この時点でもう読みたい!と思った方はぜひ読んでみて下さい。

面白そうかどうかの判断がつかない方は、この記事を読み進めていただければと思います。

※↓↓タップ(クリック)で読めます。

タイトル作者本編ページ数読めるサイト
木曜日のラジオスターFuki55ページ少年ジャンプ+

『木曜日のラジオスター』のざっくりネタバレあり感想

まず絵がめちゃくちゃ上手いです。

そして、木曜日の放送を忌み嫌う女子・中川さんがひたすら苦情の手紙を送り続ける事が校内放送のラジオパーソナリティである谷山と出会うきっかけになるのも面白いです。

中盤、実は父親が本物のラジオDJをしており、自分をないがしろにする父への恨みからラジオが嫌いになってしまっている中川さんの過去が明かされます。

いやよいやよもなんとやらで、中川さんが谷山のラジオを嫌う理由と言うのも父親の本物のパーソナティぶりを知っているからこその反発であり、中川さんが実は物凄くラジオ愛を持った女子であることもすごく伝わります。

終盤、一度喧嘩わかれみたいになってしまった2人が、またラジオを通して(というか校内ラジオ放送の本番中に)絆を深める描写はなんとも胸アツでした。

中川さんにとってのラジオスターは、ラジオとまた向き合うきっかけを作ってくれた谷山と、幼い頃から実は好きで尊敬していた本物のラジオDJである父親だった――という、非常にステキにまとまっている泣ける青春ラジオ漫画でした。

『木曜日のラジオスター』を読んだ皆さんの反応

『木曜日のラジオスター』は笑って泣けるおすすめの青春学園ラジオ物語

『木曜日のラジオスター』はかなりハイレベルにまとまっている良作だと思いました。

画力も高く物語も面白い。

もう少しだけ谷山クンも掘り下げて欲しかったような気もしましたが、それは贅沢な要望でしょう。

学園モノであり、校内ラジオ放送の胸アツな青春物語、無料で読めちゃう読み切りとは思えないクオリティなのでオススメです!

※この作品を読んでFuki先生の事が気になった方は、ぜひフォローして応援してみてください。

Fuki先生Twitter

ブログ内で紹介してきた1巻完結・読み切り漫画の中から厳選した本気のおすすめ漫画特集、よければあわせて読んでみてください↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました