SF・ファンタジーギャグ

エッチで変でめっちゃ笑えるぶっ飛びSF傑作『へんなねえさん』【おすすめ1巻完結読み切り漫画】

へんなねえさん

拍手したくなるほどの、エッチで変でぶっ飛んだSF作品、たまには読みたくなりませんか?

今回ご紹介するのは、タイトルからして「へんな」予感しかしないSF傑作の『へんなねえさん』。

「あたし」との百合描写もあれば姉(あるいは妹)との摩訶不思議なベッドシーンもあったりと、とにかくはちゃめちゃなのに、一応最後には力技で全ての伏線を回収しキレイに終わるという、クソバカなのに拍手が沸き起こる不思議な読後感が味わえる傑作です。

あと結構エッチですし、終盤は下手すればドン引きするレベルの超妄想級神展開になるので読む際には振り落とされる可能性もあること、ご了承ください。

ebookjapanで試し読み

タイトル作者出版社発売年
へんなねえさん吉富昭仁太田出版2014年

『へんなねえさん』を読んだら……

エッチでへんなねえさんの、狂気すら感じるレベルのぶっ飛びSF漫画体験ができます。

『へんなねえさん』はどんな漫画?

『へんなねえさん』は、12の読み切り短編で構成された1巻完結漫画です。

ただ、繋がっているお話もあるので12のお話全てが独立しているわけではないです。

また、全ての話は最後に綺麗に伏線回収されるので、詳細は書けませんがなかなか見事な構成になっています。

ここでは、それぞれのお話を簡単にネタバレしないよう内容紹介しますので、読もうか迷っている方は参考にしていただければと思います。

あしたのあたし

明日のあたしが今日のあたしに会いにきてイチャイチャする、時間軸を考えだすと頭がどうにかなりそうになるお話。

あたしのあたし好きっぷりが凄いです。

みえないあたし

透明になれる薬を飲んで全裸でお出かけする少女のお話。

オチも素晴らしいです。

へんなねえさん

ある日いきなり家にいるはずのなかった「姉」が来るお話。

一人っ子の男の子の興奮と狼狽っぷりが可愛いです。

一体姉の正体は?

はかせとあたし

固定観念を持って読むと見事に騙される、博士とあたしのお話。

とんでもなくスケベな椅子が出てきます。

ちいさいあたし

身体を小さくすることが出来る薬を飲み、自分なりに部屋で楽しんでいる少女のお話。

小さくなった少女の遊びがひたすら可愛いです。

とりあえず少女が全裸になるんだな、とこの辺りでようやく理解。

へんなかあさん

謎の生命体の、子供誕生の瞬間を描いたお話。

安心してください、しっかりエロいです。

あしたのあたし2

明日から来るあたしとイチャイチャするのが楽しみのあたしの続編。

なんと今度はさらに違う時間軸からあたしがやってくる?

これで複数人でデキルね!

へんなねえさん2

「へんなねえさん」の続きになるお話。

実はお姉さんは妹だった?

めちゃくちゃです。

はかせとあたし2

「はかせとあたし」の続編。

今度は自立型ロボットを発明したあたしでしたが、その自立型ロボットが予想外の行動に出て、またしても襲われるお話。

より、激しいです。

へんなねえさん3

「へんなねえさん」の最終話。

もう、吉富先生のめちゃくちゃな妄想世界に感服するしかないぶっ飛んだ内容。

ついて来れなくなっても仕方ないレベル。

笑える人は抱腹絶倒かと。

あたしはルピナ

「へんなねえさん」の続きとも言える、この漫画全てを繋ぎ、伏線回収するまとめのお話。

妄想力と発想力とまとめ力にひれ伏したくなります。

おまけ

あれ? そういえばあのロボットは何だったの?

という読者の疑問にしっかり応える、オマケの最終話。

最後まで、感動的なほどに「エロくてへんなSFマンガ」でした。

『へんなねえさん』を読んだ皆さんの反応

『へんなねえさん』はエッチで変でめっちゃ笑えるぶっ飛びSF傑作

『へんなねえさん』は色々な意味で僕の固定観念をぶっ壊してくれる作品になりました。

本当にへんな漫画です。

妄想満載の、こんなシチュエーションないかなぁ、みたいなのを詰め込んだエッチで変で笑えて、最後はめちゃくちゃなSF作品なので、ひとまずエロに抵抗ない人にはおすすめしたいです。

あと美しい少女が沢山出てくる漫画を読みたい人にも、全力でおすすめできます。

普通の漫画ではなく、ぶっ飛んだ漫画をお探しの方は迷わず読みましょう。

色々な意味であたなの欲求を満たしてくれるはずです。

メインで利用する電子書籍サービスに悩んでいるようであれば、背表紙表示があるebookjapanがコレクション欲も満たしてくれるのでおすすめです。

詳細は記事にしてありますので、興味がありましたら読んでみてください。

余談ですが、今回紹介した『へんなねえさん』の表紙絵、沙村広明先生の『シスタージェネレーター』のと似てる気がします。

たまたま? 気になる方は↓↓も読んでみてください。表紙絵も見れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました