1巻完結漫画冒険SF・ファンタジーホラー・ダーク感動・泣けるギャグ

小びと視点が面白いほのぼの旅と深いラスト『ヨルとネル』【おすすめ1巻完結読み切り漫画】

ヨルとネル

小人であるヨルとネルとのクスっと笑えてほのぼのするような旅路が描かれる『ヨルとネル』

作者は『オンノジ』や『銀河の死なない子供たちへ』などの施川ユウキ先生。

小人から見た世界の描写の仕方がとてもうまく、同時にギャグも交えてヨルとネルが軽妙なやり取りをしている為、のんびりと読むことができます。

しかし、ただのんびりで終わるはずがなく、それこそ鬼頭莫宏先生の作風にもちょっと通ずるような、暗い展開を予期させる描写もチラホラ混じります。

なぜヨルとネルが小人になっているのか?

小人になっているということはどういうことなのか?

非常に深く考えさせられる衝撃展開に、全小人と大人が泣く傑作1巻完結漫画になっています。

ebookjapanで試し読み

タイトル作者出版社発売年
『ヨルとネル』施川ユウキ秋田書店2016年

『ヨルとネル』を読んだら……

シュールなギャグと感動のファンタジー、二つの要素を同時に楽しめる贅沢な体験ができます。

『ヨルとネル』はどんな漫画?

僕も事前知識なく読み始めたので、始めはゆるゆるとギャグを織り交ぜた小人の冒険譚が展開していくものだとばかり思っていました。

施川ユウキ先生の描く小人から見た世界の描写はとても面白く、道端に落ちているあらゆるものを小人視点で面白おかしく使ったり、賢く活かしたりする様はいちいち「なるほど」と感心してしまうほど。

みかんの皮を剥くのも一苦労、本の中に挟まれるのがちょっと気持ちいい、いくらは思ったよりも粘着力がある――などなど、小人ならではの小さな気付きが全体に散りばめられており、とても面白いのです。

『ヨルとネル』の構成としては、全てがずーっとつながっているわけではなく、4コマや1ページのみの小さな区切りになっており、全てがゆるやかに繋がっている、という構成になっています。

そして、基本的にはヨルとネルとのギャグテイストなやりとり中心なのですが、時折「なぜヨルとネルは旅しているのか?」を明かすようなエピソードが差し込まれており、単にほのぼのした楽しい小人の旅漫画ではないことをにおわせています。

終盤、一気に展開は加速します。

それまでずっとヨルとネルの仲の良さ、軽妙なやり取りを読んできた読者にとってはとても予想外の展開ですし、同時に号泣してしまうかも知れません。

ヨルとネルとの旅の終わりには何が待っているのかはあなたの目で確かめて欲しいです。

まとめると、ほのぼの2人旅から終盤の急展開までハラハラと面白さを損なうことなく一気に読ませる、傑作漫画でした。

『ヨルとネル』を読んだ皆さんの反応

『ヨルとネル』は小びと2人のほのぼの旅から急展開で泣けるラストで魅せるおすすめの傑作1巻完結漫画

この『ヨルとネル』の評価を見ていると結構書かれているのですが、ヨルとネルとによるギャグのレベルがかなり高いことも注目ポイントです。

しかもそれらギャグが小人ならではの視点で描かれているので、笑いとしても結構深かったりします。

また、2人は子供であるので、子供ゆえの行動力を持っており、同時に子供ゆえの残酷さをも持ち合わせていたりします。

その辺りの絶妙なバランス感もこの作品の魅力なのでは?と僕は思いました。

世界の見方が少しだけ変わるかも知れない小人目線の面白さ。

ヨルとネルとのハイレベルな笑えるギャグ。

衝撃的で美しいラスト。

ページ数は少なめなのですが、ベースが4コマになっているせいかむしろ他の1巻完結作品よりも読み応えがあった印象です。

『ヨルとネル』は様々な読後感が味わえる、とても贅沢で読み応えのある全力でおすすめしたい1巻完結漫画です。

ebookjapanで試し読み

Amazonで試し読み

メインで利用する電子書籍サービスに悩んでいるようであれば、背表紙表示があるebookjapanがコレクション欲も満たしてくれるのでおすすめです。

詳細は記事にしてありますので、興味がありましたら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました