1巻完結漫画ヒューマンドラマサスペンス・ミステリーSF・ファンタジー

オシャレでぶっ飛んだ漫画が読みたい時には『R』がおすすめ【1巻完結読み切り漫画】

R カネコアツシ

世界中で「好きな人は好き」な作風でカルト的な人気を誇るカネコアツシ先生。

『BAMBi 』や『デスコ』などの連載物も人気ですが、今回ご紹介するのは読み切りの短編集である『R』です。

ebookjapanで無料試し読み

タイトル作者出版社発売年
Rカネコアツシ祥伝社 1998年

カネコアツシ先生はとにかくスタイリッシュでオシャレな絵で、アメコミな造りも独特です。

故にデザインを学んでいる人が惚れこむことも多く、僕の妻もアート系の専門学校に通っていて学生時代にかなりハマったのだそうです。

『R』を読んだら……

良い意味で頭の中がぶっ飛びます。

『R』はどんな漫画?

『R』はかなり特徴的な漫画であると言えます。

試し読みをご紹介しいるebookjapanでも、『R THE ORIGINAL』というタイトルで販売されており、紙の本の構成に近い環境で読むことができます。

まず、普通の漫画とは異なり左から右にページをめくっていくスタイルです。

アメコミって感じですね。慣れないと戸惑うかも知れません。

次に、お話毎に画面がカラフルになっています。

これも慣れないと目がちょっとチカチカするかも知れません。慣れてもチカチカするかも知れません笑

どぎついカラーなので、試し読みは必須です。

肝心の内容は、9つの短編から構成されています。

そして、どのお話も「フツーじゃない」です。

そこがカネコアツシ最大の魅力であり、ハマる人とハマらない人を決定的に分ける要因でもあります。

たとえば、最初のお話「コンビニエンス・フィクション」はやばい雰囲気の店長と、強盗を企むカップルのお話なのですが、店長は本当にヤバイやつですし、明らかに関係してきそうなカップルと最後まで関係しないのです。

ちょっと何言ってるかわからないかも知れませんが、そのまんまの意味です。

そして、ラストではかなり怖い、けれども「そうなるよね」と思わせる終わり方。

他には、「泥棒と鉛筆」というお話も強烈です。

普通に読んだら、意味わからないです。

お酒を飲んで哲学者にでもなったような気分で読めば、少しだけ意味がわかるような気もします。

ただカネコアツシ先生本人は、「泥棒と鉛筆」という響きが好き、ただそれだけ――と書いているので、本当に意味なんてなくてただそれだけなのかも知れません。

ちなみにカネコアツシ先生はキューブリックの『時計仕掛けのオレンジ』が大好きなのだそうですが、それを聞いて「なるほどそういうのね」と思える人は多分この漫画がかなり面白いんじゃないかと思います。

描写はバイオレンスなものも多いので、そういうのが苦手な人もちょっとツライかも知れません。

『R』はどんな人におすすめの漫画?

この『R』をおすすめしたい人は――

ちょっと普通じゃないぶっ飛んだ漫画が読みたい人。

アメコミな雰囲気が大好きな人。

カネコアツシ作品が大好きな人。

『時計仕掛けのオレンジ』がめっちゃ好きな人。

アートな作品が好きな人。

これらに当てはまる人は、きっと楽しめるか、新しいインスピレーションを得られる事間違いなしです。

『R』を読んだ皆さんの反応

ハマる人にはハマるのです。しかも「泥棒と鉛筆」!

ああ、まさにこの方のおっしゃるように、「面白い云々じゃなくオシャレなマンガ」というのはしっくりくるかもです。

オシャレでぶっ飛んだ漫画が読みたい時には『R』がおすすめだし何らかの発想のタネもきっと見つかると思います

クール、オシャレ、飛んでる――そんな感じの漠然とした感想を抱くのが正直なところでしょう。

加えて、僕はカネコアツシ先生の絵はとにかくカッコイイと思います。

表情だったり、切り取るアングルだったりが本当にセンス良い。

確かに万人にすすめられる漫画ではない事は間違いないのですが、アーティスティックな物事が好きなら一度は読んでみて欲しいです。

刺さったら、たぶん他のカネコアツシ作品もハマれます。

また、絵柄だけではなくセリフなどの言葉選びも非常にセンスを感じるポイントなので、気に入ったのであればぜひ細かく読み込んでみて欲しいです。

何度も何度も楽しめる読み切り漫画です。

ひとまず雰囲気を知りたければ、試し読みしてみてください。

ebookjapanで試し読み

Amazonで試し読み

ブログ内で紹介してきた1巻完結・読み切り漫画の中から厳選した本気のおすすめ漫画特集、よければあわせて読んでみてください↓↓

スマホやタブレットで漫画を読むことが多いのであれば唯一本棚に背表紙表示機能の備わっているebookjapanが断然おすすめです。

理由は細かく記事にしてあるので、メインにする電子書籍サービスに迷っているようでしたら読んでみて下さい↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました