1巻完結漫画サスペンス・ミステリーホラー・ダーク学園

【伊藤潤二】怖いのに読む手が止められない面白さ『幻怪地帯』【1巻完結読み切り漫画】

幻怪地帯

『富江』や『うずまき』など、映像化された作品も多いホラー漫画家の伊藤潤二先生。

伊藤潤二作品は、物凄く怖いのはもちろんなのですが、それ以上に面白みがしっかりあり、どんどん読み進めてしまう中毒性もあるのが凄いところです。

今回ご紹介するのは、4つの読み切り漫画が収録されている『幻怪地帯』

怖いのにものすごく面白い、極上の1巻完結の読み切り漫画になっています。

ebookjapanで試し読み

タイトル作者出版社発売年
幻怪地帯伊藤潤二朝日新聞出版2021年

『幻怪地帯』を読んだら……

奇跡的なバランスの超面白いホラー漫画見つけた! ってなります。

『幻怪地帯』はどんな漫画?

『幻怪地帯』は、伊藤潤二先生によるホラー漫画の短編集で、全部で4つの短編が収録されています。

どのお話も繋がりはなく独立したお話になっているので、どのお話から読んでも問題ありません。

そして冒頭で何度も書いたように、とにかく面白いです。

ギャグ的な面白さではなく、漫画としての面白さに溢れた作品なので、怖くて面白いという極上の体験ができます。

ここでは、ざっくりと各話を簡単に紹介してみますので、読もうか悩んでいる方は参考にしていただければと思います。

泣女坂

婚前旅行で東北へと旅行した譲と麻子の2人が、田舎の村をブラブラ散歩している時にお葬式をやっている場に遭遇し、そこでその地域独特の「泣女(なきめ)」という職業の女性に出会います。

葬儀の場で、まるでサクラのようにうわあうわあと泣きまくるのですが、泣女が泣けば泣く程成仏できるのだそうで、その地域では有難がられているのです。

ところが、旅行から帰った2人でしたが、なんと麻子がまるで泣女がうつってしまったかのように泣くようになってしまいます。

その涙の量はものすごく、朝起きたらベッド全体がずぶ濡れになってしまうほど。

これはおかしい、と感じた譲と麻子は、2人でもう一度東北の地を訪ね泣女の謎を探りに行きます。

――とにかくこのお話は、泣き女の泣く表情と声が怖く、そして涙の量がとんでもないのが面白いです。

このお話を読んでいて気付いたのですが、号泣する表情って見ているとなんだか気持ちいいのですね。

魔怒女

タイトルは「まどんな」と読みます。

ミッション系の女子校で繰り広げられる、魔怒女とあだ名をつけられた恐ろしい学園長婦人とそれに支配される生徒のお話。

学園長婦人が超怖いのはもちろんなのですが、それ以上に学園長のクズサイコっぷりがむしろ清々しいほどで面白いです。

魔怒女というタイトルもそうですが、ちょっと日野先生や楳図先生のような昭和ホラー感漂うお話です。

青木ヶ原の霊流

いわゆる富士の樹海で自殺をしに向かったカップルが謎の現象と遭遇し、その現象の虜になってしまう不思議なお話。

龍の口と呼ばれる青木ヶ原樹海のとあるスポットでは、夜になると「霊流」と呼ばれる発光現象が起きます。

自殺へ向かったカップルはその霊流を目撃し、男性の方だけが「これに飛び込めば死ねる!」と霊流に飛び込むのですが……。

というお話。

霊流に飛び込んでからの展開は、ギャグとも読めるような面白い展開で最高でした。

でも明確に怖いのも間違いなく、最後まで不気味さと面白さを感じながら読み終えることのできる非常に面白いお話です。

まどろみ

朝目が覚めると、昨晩犯した殺人の記憶を思い出す……。

自分では全く何もした覚えはないと言うのに……。

自分には殺した自覚がないのに、ハッキリとした記憶があり、鬱々とした日々を過ごす青年のサイコで恐ろしいお話。

なんとも生々しく怖いお話で、後半の展開とラストカットも素晴らしい怖さ。

現代ホラーと言った感じの傑作です。

『幻怪地帯』を読んだ皆さんの反応

『幻怪地帯』は怖いのに読む手が止められない面白さのおすすめ傑作1巻完結読み切り漫画

僕はこのブログで読み切り漫画などを紹介し始めて、ホラー漫画が好きになりました。

きっかけは日野日出志先生の作品で、それまではホラー漫画が苦手だったのですが、今では「むしろホラーが読みたい」までになっています。

そして今回の伊藤潤二先生の『幻怪地帯』、最高でした。

全然有名なホラー漫画家の先生を知らないので、どんどん読んでいきたいと思っているのですが、今回出会えた伊藤先生はかなりツボでした。

しっかり過去作品も読んでいきたいです。

僕と同じように「実はホラー苦手」という人も、意外と読んでみるとハマってしまうかも知れません。

大体のことって食わず嫌いだったりしますので。

ebookjapanで試し読み

Amazonで試し読み

メインで利用する電子書籍サービスに悩んでいるようであれば、背表紙表示があるebookjapanがコレクション欲も満たしてくれるのでおすすめです。

詳細は記事にしてありますので、興味がありましたら読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました